35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

鳥貴族に行きたい。そうだ、鳥貴族貯金をしよう!

鳥貴族行ったことある?

「鳥貴族に行ってみたい」

と彼女は言った。

そういえば、家の近所に鳥貴族が2店舗ある。近々行ってみるか、と思っていたが、彼女から言われるまですっかり忘れていた。

 

鳥貴族、上場している有名な会社であるということは知っているが、実際に店に行く前に予習をしておいた方が良いかと思い、鳥貴族のHPを開いてみた。そして様々なブログやサイトを見て下調べをする。

www.torikizoku.co.jp

ふむふむ、全品280円、ボリュームもあり、お通しはないようだ。なるほどこれなら繁盛する理由もわかる。

そうとなれば、善は急げ。いつ鳥貴族に行こうかと予定を立てていたが、重要なことを忘れていた。

金がない・・・。

一日100円の鳥貴族貯金

ボリュームがあって全品280円くらいといえども、彼女と2人で飲食したら一体いくらかかるのだろうか?彼女は大酒飲みなのだ。そして私は大食いだ。

1人3000円と考えれば、2人なので6000円が必要になる。

6000円か・・・、厳しいな。

諦めるか、と思ったが、部屋の隅のあるものに目が留まった。

彼女が某銀行で口座を作ったときにもらった貯金箱である。

f:id:nantokashitai:20160601042124j:plain

そうだ!鳥貴族貯金をしよう!

毎日100円をその貯金箱に入れる。そうすると1か月で3000円になる。

そうすると一人分の飲み代が捻出される。

彼女と2人で鳥貴族貯金をすれば1か月で6000円貯まるぞ!

こうして毎日鳥貴族貯金を励んでいる。

しかし現実は私しか貯金しておらず、このままのペースだと6000円貯めるのに2か月かかってしまう計算になる。まあ、気長に構えるか。

実際、いくら必要なの?

Twitterで鳥貴族貯金をしていることを言ってみると、様々な反応を頂けた。

どうやら2人で6000円も必要ないようだ。

 5000円くらいあれば何とかなるような感じである。

しかし、念の為に6000円用意してから鳥貴族に行こうと思う。

 

よく考えてみたら居酒屋1年以上言っていないことに気づいた。

今から楽しみである。

 

 

 

 

 

 

非常に楽な図書館整理のバイト、再び

図書館整理のバイトとの再会

相変わらずお金がない。

ということで、バイトを探した。
いつも私はindeedというサイトでバイトを探している。

jp.indeed.com

いつもは住んでいる市から「15km以内」という範囲で検索をしているのだが、その範囲ではポンコツな自分にできそうなバイトはなく、ほとんどない通帳の預金残高を見て、これからの生活はどうなってしまうのだろうか・・・と涙が込み上げ、不安な気持ちになった。
仕方ないので検索範囲をもう一段階広くして「25km以内」にして検索をし直すと、案件がたくさん出てきた。
一つ一つ案件を見ていくのは非常に面倒だったが、たくさん表示された案件の中から自分にできそうなバイトを見つけた。それは
「図書館整理」
のバイトである。具体的には、新しくできる図書館に入っている本の裏表紙に磁気テープを貼る、というだけの仕事である。
この仕事、昔、やったことあるぞ!
とんでもなく楽だったやつだ!
しかも今回は勤務期間が3週間。嫌な現場でも何とか我慢ができる長さだろう。
早速、WEBから応募をし、面接をして、無事採用が決定。
 

いざバイトが始まるが・・・

バイト初日、言われた通りに図書館のある最寄りの駅にて今回のバイトに採用されたメンバーが集合した。
計10人、のはずだったが1人がいつまでたっても来ない・・・。
仕方ないので9人での仕事スタートとなった。ひたすら担当者がその人に電話をかけていたが、全然違う人に電話がつながったらしい。最初から来ない予定だったのか?何のために?
全くもって謎である。
 
そして2日目、8人で仕事をすることになった。
また一人メンバーが減ったのだ。理由は、仕事が自分には辛すぎたからだそうだ。
 

この仕事の向き不向き 

確かにこの仕事は向き不向きがはっきりすると思う。
2人一組でひたすら本の裏表紙に磁気シールを貼るだけなのだから。
「こんな楽な仕事ないよー」
という人と
「こんな単調な作業はもう耐えられない」
という人にはっきり分かれる。
私はどちらかと言うと後者の方だったのだが、なるべく楽な姿勢で、ペアの人とおしゃべりをしながら、ダラダラと作業をしていた。ちなみに私のペアは昼食後は半分眠りながら作業をしていた。
 
残業なし、私服OK、髪型自由、交通費支給、非常におすすめなバイトだと思う。
私は単調な作業に強い!という自身のある方なら天国と言っていいほどのホワイトな仕事である。
 
ちなみに前回の図書館整理のバイトの記事はこちら
 
 

インスタントコーヒーのコストパフォーマンス

私はコーヒーが好き

私はコーヒーが好きである。

毎日10杯近くはコーヒーを飲んでいると思う。

朝起きて、コーヒーを2杯くらい飲む。それからコンビニに立ち読みに行って、そこでコンビニのコーヒーを買って飲みながら家に帰ってくる。朝食を食べながらコーヒーを飲む。

午後に散歩して、その途中で缶コーヒーを買うこともある。

家にいる時は、何かのついでにいつもコーヒーを飲んでいる。

もう一度言うが、私はコーヒーが好きなのである。

味の違いわかってる?

コーヒーをたくさん飲んでいるので、よく周りから

「コーヒーに詳しいの?違いがわかるの?」

なんてことを言われるが、はっきり言って

よくわかりません。

あ、これはコンビニのコーヒーの味だ、缶コーヒーの味だ、いつも飲んでるインスタントコーヒーの味だ、というようにこれくらいの違いなら分かるのだが、

これはモンブラン、これはキリマンジャロ、これはブルーマウンテン

というような違いはわからない。というよりもモンブランキリマンジャロもブルーマウンテンも過去に飲んだことはあるだろうが、もうすごく前の話なので、どんな味なのか覚えていない。

一つ言えることはコーヒーはどれを飲んでも大体うまいということだ。

うまい、というかなんというかやめられないのだ。

どのコーヒーにもそれぞれ特徴があって、それぞれおいしい。

インスタントコーヒーのコストパフォーマンス

私が愛用しているインスタントコーヒーをここで紹介しよう。

これである

UCC 職人の珈琲 芳醇な味わい 90g×12
UCC (2009-09-07)
売り上げランキング: 49,863

 

地方の弁護士不足とか会計士不足とかの本質

地方の弁護士、会計士不足

昔、何かのTVニュースで地方で弁護士や会計士が不足しているというニュースを見ました。それが今でも私の中になんだが違和感のようなものがあり、いまだに消えていないので、いろいろと考えてみました。

いろいろな方のいろいろな意見があるとは思いますが、私なりに、こういうことなのではないだろうか?と思うものがあるので、今日はそれを書いていこうかと思います。

死ぬほど勉強できたのは華やかな暮らしがしたいからだもん

弁護士や会計士などの花形な職業になったら、おそらく多くの人がバリバリ働きたいと思うのではないのでしょうか?バリバリ稼ぎたいと思っているのではないでしょうか?

たとえば、せっかくそれらの職業になっても、限界集落で仕事を探そうとしても職場を構えようとしても、仕事も全然ないでしょうし、そのために収入も全然ないでしょうし、実力もつきません。

だから仕事の多い都会で実力をつけようと考えているのではないかと思います。だからあまり仕事のない地方で、弁護士や会計士が不足するということでしょう。

それ以上に思うのが、皆その職業になったからには都会的な華やかな生活がしたいと思っているからだからだと思います。

都会のピカピカの高層ビルの上の階にある事務所で美人な秘書を何人も雇って、ほかの人から尊敬のまなざしをもって「先生、先生」と言われたいのではないかと思います。

私はそれが悪いことだとは思いません。それどころか、それくらいの欲望がないと、あの熾烈な試験には受からないのではないのでしょうか?

資格の勉強が本当につらいけれども、これを超えて合格すれば、華やかな生活が待っている、そう思って勉強に励んでいる人もたくさんいると思います。

その私が見たそのTVのその番組で一人のコメンテーターの方が、

「地方に行けば、仕事あるのにね」

というようなことを言っていましたが、全く的を外していると思います。頑張った分、都会で華やかな生活がしたいのです。

勉強で数年間苦労したから、それを取り戻すために、都会で華やかな生活がしたい。という背景があるのではないでしょうか?

大学生になったばかりの青年が、受験勉強で満足にできなかった青春を取り戻すために大学生活を遊びまくる。そんな感じです。

じゃあ、どうすればよいのか?

この点に関して私もいろいろと考えましたが、わかりませんでした。

私がもし弁護士、会計士になったとしても、上記で書いた通りに洗練された華やかな暮らしがしたいので、都会で働きたいです。

この問題、どうすればいいんでしょうかね?わかりません。

 

 

怖い!不動産屋を名乗る男が 訪問してきた

不動産屋を名乗る男が訪問してきた

1月下旬、家にいると、呼び鈴が鳴った。インターホン越しに出てみるところから出来事は始まった。

男「ホニャララ不動産と申します。わたくし、この度このエリアの担当になりましたのでご挨拶に伺いました。少しお話しできませんか?」(ホニャララの部分は何と言っているのかわからないくらい早口で不明瞭)

私「え?何?どこの会社?」

男「ホニャララ不動産です。あれ?わかりませんか?先日、郵便受けに封筒を入れておいたんですけど・・・ご覧になってませんか?」

私「封筒なんて入ってなかったよ。それよりなんて言う会社?全然聞き取れないんだけど」

男「ホニャララ不動産です」

私「え?何不動産?なんて言ってるの?全然聞き取れないんだけど」

男「ちょっとその封筒の件でお話があるんですけれども、お話しできませんかね?ドア開けてもらえませんか?」

私「いや、どこの会社かもわからないのに話なんてできないでしょ?家買ってくださいとかマンション買ってください、とかだったらいらないから帰ってくれないかな」

男「ああー、そっちと勘違いしちゃってますか。べつにそういうわけじゃないんですけど」

私「間に合ってるので、お帰りください」

男「いや、一度だけでもお話しできませんか?ドア開けてくださいよ」

私「どこの会社の誰かもわからないのにドア開けるわけないだろ。もう一回聞くけど、どこの会社?もう一回言ってみて」

男「ホニャララ不動産です」

私「まったく聞き取れないんだけど」

男「ドア開けてくれたら言いますよ(少し怒っている)」

私「帰ってもらっていいすか?」

男「ドア開けてもらっていいすか?(怒っている)」

私「警察呼ぶぞ」

男「えー、警察ですか(ニヤニヤ)」

私「今呼ぶからな」

男「はいはい」

ガチャリ。インターホンが切られた。ドアのスコープで外を見るともう誰もいなかった。

怖い。ネットでこのことを検索してみると・・・

訪問直後はかなりの怒りと何とも言えない恐怖があった。相手が何者かわからないからだろう。

ネットで「不動産屋 訪問 怖い」のような感じで検索をかけてみるとこんなブログを発見した。

flyinghigh.exblog.jp

手口がほとんど同じである。

他にも様々なサイトが引っかかったが、これが一番具体的に書いている記事だと思う。

そのブログにも書いてあるが、

絶対に家に上げないこと

家にいる時には絶対にドアチェーンをすること

警察に言うぞ!となるべく強く言うこと

この人のブログのコメント欄や知恵袋では家に入れてしまったばっかりに、夜の12時まで居座られた、とか個人情報を聞かれて、次回の約束をさせられた、などと書いてあって、怒りで体が震える。

私もこの人のようにブログで紹介することで、検索にかかり、皆さんの助けになることを祈る。

明日あたり、警察に相談しに行こうかと思う次第である。

今気づいたが、「郵便受けに封筒(ファイル)入れておいたんですけど~」という言葉を使っている。

この言葉に注意しておくに越したことはない。心に刻んでおこう。

後日談

その出来事の次の日に近所の交番に行ってみたが、混雑?していたので、最寄りの警察署に電話でいきさつを話しみたところ

「そういう場合は警察に電話してください」

と言われた。ネットで民事不介入だから警察来ないよ、というコメントがあったので、それについても聞いてみたところ

「電話していただければ、そちらに向かいますので」

とのこと。さらに、

「警察署に電話するよりも、110番のほうが、近くでパトロールしているパトカーに一斉に指令が下りるので、そちらに電話してもらったほうがスムーズです」

と言われました。

怪しいと思ったら即通報!覚えておこう!

 

 

どんなバイトを選んでいるか、接客業を選ばない理由

 接客業を選ばなかった理由

このブログの内容を見て、本当にその通りだと痛感しています。

minimote.hateblo.jp

今アルバイトしているところは某事務所なので、この筆者のしている、倉庫・工場系の裏方ではないのですが、言いたいことはよくわかります。納得の内容です。

・シフトを簡単にいじれる

・ミスをしても取り返しがつく

・たくさんの能力を要求されない

など。

本当に言いたいことを言ってくれたという感じです。

シフト変更簡単。遅刻欠勤さぼど影響なし。

私が今やっているアルバイトの仕事内容は簡単に言うと事務系の単純作業です。

書類を種類別に分けて、ホチキスで止める。そんなことを9時から17時までやっています。

そこの事務所でアルバイトしている人は100人以上いるのではないでしょうか。そのために毎日誰かしら何らかの理由で休んだりしています。しかし、人数が多いためにその埋め合わせは簡単です。

誰かが休んだ場合、その人の仕事を代わりにやったりすることも、ごくまれにありますが、単純作業が主なので負担になりません。

それが分かっているために、多くの人が調子が悪い、体調が悪いと言ってよく休んでいます。実際私も仮病で体調が悪いと言って休んだことは2度3度あります。

ミスしてもカバーしてくれる人がいる

仕事をする上でミスはつきものなのですが、そこは私がやっている仕事の後工程でベテランアルバイトの人がチェックしているので安心です。

もしミスしていたら、黙って直してもらったり、一言「ここが違うよ、気を付けて」と言われたりしますが、私の後工程でチェックしてくれている人がいるということが分かっていると、そこまで自分の仕事に緊張したり、気を張らずに作業ができるので良いです。

上記のブログでもありましたが、人が多すぎて仕事がいろんな人を経由しているので、誰がミスしたのかわからないということもあります。

あんまり高い能力必要ない

仕事内容は事務系の単純作業です。

アルバイトの人は老若男女います。私が言える立場ではないのですが、「この人大丈夫か?」というような人もいます。そういう人でも、適材適所で仕事を用意するので何とかなります。もし自分のやっている作業があんまり合わない場合、上の人の担当者に言って作業内容を変えてもらうこともできます。人数がたくさんいるということは仕事の種類も豊富ということなので、なんらかの自分のできる作業に配属されます。

接客業は難しい

商品知識を求められたり、自社商品を買わざるをえなかったり、クレームに対応しなくてはならなかったり。それでいて時給もそれほど高くなかったりする。

接客業が得意な人を私は尊敬します。接客業は私もやったことがありますが、全然できず、すぐ辞めた記憶があります。

というわけで、これからも接客業は選びません。

公務員にあこがれない、しょせんは週5日勤務でしょ?

皆の憧れの公務員

私の主な情報源であるネットで

「職業 公務員」

と書いてあると、安定してて羨ましい、楽そう、上級国民が、などというコメントがつく。

確かに安定はしているのだろうが、私は今まで一度も公務員に憧れたことはない。むしろ大変だろうな・・・と思ってしまう。

実際、市役所で臨時職員のアルバイトをやったと前回書いたが、アルバイトの臨時職員は非常に楽だったが、公務員として働いているアルバイトじゃない普通の人は普通に大変そうだった。

ちなみに前回の記事はこちら

 

nantokashitai.hateblo.jp

まあ、この感覚は働くのが非常につらい私だからこそそう思うのであって、ちゃんと社会に適応している社会人の方から見たら、公務員の仕事はすごく楽で安定していて羨ましいと思うのであろう。 

結局は週5勤務でしょ

私がまず思うのがこれである。仕事が楽でも、安定していても、結局は

「週5日通勤して働かなくちゃいけない」

この時点で、公務員も楽じゃないな・・・。と思ってしまう。

どんなに楽な仕事でも週5日職場に行くには私には辛すぎる。

それだけ私は弱いのだ。 

週2、3日勤務で十分な給料がもらえるくらいのレベルになって

「公務員は楽である」

と言ってほしい。

公務員やめたくても、条件が下がりすぎるから、転職できない。

公務員になっても、辞めたくなることはもちろんあると思う。

仕事が楽でも、人間関係が最悪とか、仕事がどうしても好きになれないとか。

民間の会社だったり、アルバイトだったらさっさとやめて次の職場に行けばいいような気がするが、しかも、転職先のほうが良い待遇、良い職場環境だった、なんていうことは結構ある。公務員だとあまりこういう人を聞かない。それはおそらく、

「公務員を辞めたら、今以上の待遇の職場を見つけることができない」

という気持ちがあるからなのだろう。そしてそれはおそらく

「だから、辞めたくても辞められないから、なんとか頑張って耐えよう」

という気持ちがあるからだと思う。

実際私が10年以上前に新卒で就職活動をしていた時に読んだ就活の雑誌に、実際に公務員を辞めた人が出ていて、

「民間に転職しようとしたのですが、面接で、あなた元公務員だから楽な仕事しかできないんでしょ?楽な仕事しかしてこなかったんでしょ?とどこの会社の面接でも言われて、200社以上の会社に落ちた」

と言う人の記事を見たことがある。

実際、面接でそういうことを今でも言う人はいそうである。

公務員の人もそれをわかって、民間に転職する人が少ないのであろう。

そして仕事が本当につらいけど辞められないという状況に陥って、心の病などで休職する人が多いのであろう。公務員は本当に鬱などの心の病で休職、リタイアしてしまう人がかなり多いらしい。

実際公務員は上記の理由によりそれほど良い仕事ではないようだ。

私はそう思うので、公務員にあこがれたことはない。