読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

村尾泰弘  家裁調査官は見た 家族のしがらみ を読んで

家族のしがらみが自分を縛る

村尾泰弘 「家裁調査官は見た 家族のしがらみ」

という本を読みました。

このタイトルを見た時点で家族関係のトラブルのケースがいくつか書かれているのではないかと思い、読んでみたのですが、その予想はおおむね当たっていました。

この本の最重要なエッセンスを一言でまとめると

家族のしがらみが自分を縛る

ということです。

そういうケースがいくつも書かれています。

母が重たい症候群 娘が遠い症候群

この本で一番印象に残ったのが

母が重たい症候群 

というものです。

私の彼女がまさにそれで、彼女の母からメールなり、電話が来ると精神的にダメージを受けるようです。親に反抗することが多くなった高校生くらいから母が重くなっていったとのことです。

彼女自身は母からは精神的に自立しているのですが、母のほうはそうではないようで、簡単に言うならば「子離れ」していないという状態であるようです。

 

思春期における子供の暴力と母親のしがみつきの強さは、ある意味で正比例する

 

という記述があり、腑に落ちる感じがしました。

家族の中のトラブルは何か原因が一つあって、それさえ解決すればどうにかなる問題ではなく、いくつかの複合的な原因があるために、例えばトラブルがあるから家族が崩壊するのか、家族が崩壊しているからトラブルがあるのか、というような卵と鶏の関係のようで複雑に絡み合って、単純に解決できる問題ではありません。

その問題を筆者はカウンセリングなどで解きほぐしながら、解決の糸口を探っていく、という手法をとっています。

 

この本を読んだ後に、ラーメン屋に行きましたが、店内の壁に貼ってあった

 

しあわせは いつも じぶんのこころが きめる  みつを

 

という言葉を見て

その通りだなあ

と思ってしまいました。

家裁調査官は見た ―家族のしがらみ― (新潮新書)
村尾 泰弘
新潮社
売り上げランキング: 2,688

 

 

 

 

不満があって何回も転職してして何が悪い!part1

不満があって何回も転職してして何が悪い!

今、私は非正規雇用でなんとか職にありつけています。

幸運にも、贅沢しなければなんとか生活できるお給料をもらうことができていますが、ボーナスはなく、雇用期間はもう少しで終わります。

ということで、仕事をしながら就職活動(転職活動)もしています。

 

私は今まで何度も転職をしています。20代で3回会社を辞めました。

30代になってからは全て非正規雇用で、契約社員派遣社員、アルバイトを含めて10くらいの職を転々としてきました。

 

こんな経歴なので、面接で

「会社辞めすぎでしょ」

「辛抱が足りないんじゃいの?」

というようなことをよく言われます。

 

私は最近まで、たくさん転職していること、会社を辞めていることを恥ずかしく思っていました。

しかし、この頃少し考えが変わってきています。

 

不満があってすぐ何回も会社を辞めて何が悪い!

 

と思うようになりました。

むしろいいことじゃないかと。

何回も会社辞めていいじゃん

不満があったらすぐ会社を辞める、素晴らしいじゃないですか。

というと必ず批判が来ると思います。しかし、

不満がある会社にずっとこの先何年も勤めるの?あなたの人生何なの?

不満があってモチベーションが下がっているあなたに影響されて、他の人も迷惑しているよ。

上司から見ても部下が不満を持って仕事している姿を見るのは本人と同じくつらいはず。

むしろ歓迎されると思うんですがね、会社に不満があったらぐちぐち言わず自ら去る社員。

と思ってしまいます。

下手に

「この会社で骨を埋めます」

というようなこと言われたら、私が面接官だったら、むしろ危ないと思ってしまいます。

 

でも、辞めても次の仕事を探すのは誰しも苦労するんですよね。

私みたいに年取ってるのにスキルが無い人は言わずもがな。

だから多くの人が不満があっても会社辞めないわけですもんね。

 

若いうちに何回も転職して、良さそうな職場に行きついたら、そこで頑張ってスキルをつける。それまで何回も転職の繰り返しでいいような気がしますが、なかなか難しいんだろうなあ・・・。

 

 

 

 

スズメバチの駆除業者呼んだときの話。蜂の殺し方、上級者編。

住んでるアパートにスズメバチ

今日で8月も終わりですね。

明日から9月、ちょっとでいいから涼しくなってほしいものです。

それはそうとして最近、スズメバチをよく見るんです。

・仕事のために駅に行く途中

・買い物するスーパーの近く

でよく見ます。

刺されたら死ぬ!と思って蜂の羽音と姿に気づいたら、速攻で逃げています。

実は去年、私の住んでいるアパートの横にある木にもスズメバチの巣ができ(木に穴が開いており、そこからスズメバチが何匹も出てきている)、アパートの管理会社がスズメバチ駆除の業者を呼んでくれました。

その時のお話です。

半袖、短パンのスズメバチ駆除の業者現る

去年の今頃のとある休日、午前に業者が来るというので、じっと部屋で待つ。

9時に窓から外を見ると、その問題の木の穴に男が手を突っ込んでいるのである。

しかもその男の恰好は、

半袖

短パン

サンダル

なのである。そして虫取り網を持っている。

「あれ、業者・・・だよな」

え、白い防護服みたいなの着てないの?

アパートの管理会社らしきスーツ姿の人がいて、業者と何やら話している。それを私は家の中から窓越しに見る。

そして、業者はそのスズメバチが出入りしている木の穴におもむろに顔を近づけて、覗く。

一体、なにしているんだ・・・!?危険すぎるだろ。

そしてその木の穴からスズメバチが何匹も出てきた。

スズメバチの倒し方 上級者編

あの業者死ぬぞ・・・。

私は部屋の中からその光景を見ていたが、気が気ではなかった。

しかし、スズメバチに囲まれた業者は手に持っていた虫取り網を振り回し、周りの蜂を全部捕まえる。そして、その捕まえたスズメバチを網の上から

踏んで踏んで踏みまくって殺す!

私も、アパートの管理会社の人もその光景を見て呆然・・・。

こんな蜂の倒し方あったんだ・・・スプレーとか使わないんだ・・・・!?

10分ほどそれらの殺戮を繰り返し、蜂が穴から出てこなくなってから、その穴に何やら殺虫?スプレーをしていました。

そしてその穴を粘土?みたいなもので埋める。

その後、しばらくはその木の穴にどこからか戻ってきたスズメバチを捕まえては殺し、を繰り返し、作業は終わり。

気づいたら業者と管理会社の人も帰った後でした。

スズメバチ、秋が危険だよ!

それ以来、私が住んでいるアパート横の木からスズメバチは出てきていません。

あの業者、達人だな・・・何者だ?

という思いが今になってすごく膨らんできました。

これからの秋に向かう季節が一番、蜂が獰猛になるようです。

皆さんは業者ではないので、蜂を見つけたらただちに逃げましょう!

業者の真似をしてはいけません!

アース製薬 ハチアブ マグナムジェット 550mL
アース製薬 (2016-03-02)
売り上げランキング: 2,214

 

 

 

 

 

お盆休みだけど仕事のことが頭から離れない

待ちに待ったお盆休み、しかし・・・

先日のブログでやっとアルバイトが決まったことを報告しました。

 

nantokashitai.hateblo.jp

 勤務してからまだ1か月もたっていないのですが、お盆休みということで4連休になりました。

連休前の勤務先からの帰り道、

「やったー!明日から4連休だー!」

と思っていたのですが、しばらくするとなぜか仕事の心配事がムクムクと頭の中に浮かんできます。

「こんなことじゃ連休楽しめない・・・」

そう思い、何か解決策はないものだろうか・・・とネットで検索を始めました。

仕事のこと考えても、時給出ないじゃん

いろいろと対策をネットで検索したのですが、

「休みの日でも仕事のこと心配しちゃうのはしょうがない」

「休みの日でも仕事のこと考えだしたら、やっと一人前」

みたいなことが書いてあったりして、あんまり役に立ちません。

次にTwitterで、この悩みをつぶやいてみました。

その結果、このようなリプライが帰ってきました。

なるほど、「考えている間、時給が出てない」という考えはとても参考になる。

今後、役立ちそうな思考法である。しかと心に留めておこう。

というわけで、連休中は以前から気になっていた漫画を読みます。

磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 1 (ジャンプコミックス)
仲間 りょう
集英社 (2014-02-04)
売り上げランキング: 12,908

 

 

最強の軍手とは

アルバイト決まったよ!

最近、アルバイトが決まって働いています。

貯金が本当に危機的水準になっていて、仕事を選んでいる場合でもなかったので、いろいろと仕事に応募したところ、一件引っかかり、何とか今の仕事を得ました。

どういう種類の仕事かというと、一言でいえば

肉体労働です。

最近は主に屋外で炎天下の中、作業をしています。

今まで肉体労働をしたことがないので不安ではありますが、なんとか無理せず、頑張りすぎず、淡々とやっていきたいと思います。

軍手を使っているけれども・・・

現在している仕事は、結構汚れる仕事で苦労しています。

作業着を着ていますが、手が汚れるために、先輩から軍手をもらいました。

作業用すべり止め軍手(手袋) 1ダース BG-600N
HIヒロセオリジナル
売り上げランキング: 189
ショーワグローブ No.310グリップ(ソフトタイプ) ブラック Mサイズ 1双
ショーワグローブ
売り上げランキング: 459

刹那を生きる女たち 最後のセーフティーネット を観て

また衝撃的な動画を観てしまった

先日、衝撃的な番組についてブログを書いた。

 

nantokashitai.hateblo.jp

 鳥や家畜の餌を食べて生き延びる、極貧のアイドルのドキュメンタリーであった。

 

このドキュメンタリーを見た後に、過去に見た衝撃的な動画をもう一度観たくなって、私はその動画をググった。

その動画とは、

刹那を生きる女たち 最後のセーフティーネット

という動画だ。

そもそもこの動画にたどり着いたのは、私がチェックしているブログ

Yoshikiの日記

www.continue-is-power.com

で紹介されていたからだ。

そのブログの中で

これが東京の良さだ!生き方が不器用な貧乏人は東京に来い! - Yoshikiの日記

という記事でその動画が載っており、(現在はそのブログから飛べないかもしれないので、動画をググってね)なんとなく観てみたところ、あまりの話の強烈さに目が離せなくなってしまったのだ。

話のあらすじ

実はこの動画を観たのは2回目と言いながら、2週間前のことなので若干忘れているところがあるが、メインの話はだいたいあらすじはこんな感じだ。

デッドボールという一癖も二癖もある地雷の激安風俗店で働くアボットという女性が主役。

小さいころから貧しい暮らしをしており、家を出たが、家賃を払えなくなり夜逃げ。

その後、デッドボールで働くようになる。前歯がない。いろいろな風俗に面接に行ったが、その外見故、受ければ受けるだけ落ちたとのこと。

お金がなく、事務所で寝泊まりするが、清掃のアルバイトを2つ掛け持ちして、そしてデッドボールの稼ぎで何とか部屋を借りることができたが・・・。

この動画で感じた事

地雷の激安風俗店で働く前歯のない女性というだけでインパクトが相当ある。

しかし、内面は特にそこまで問題があるとは思えない。そのために、前歯がなくても清掃のアルバイトも2つ決まって働くことができたのだろう。朝早く(4時台?)に起きてアルバイトに向かい、その後、デッドボールで働く。根は勤勉のように思う。

しかし、私の感じたことは他にもある。

その風俗店の店長、スタッフがとても優しいのだ。

その前歯のない女性、アボットが部屋を借りるときに不動産屋に一緒に同行して世話したり、彼女が突然出勤しなくなった時に、心配で部屋に訪れたり、お金の使い方の下手な彼女のために貯金箱を設置?しようとしたりと何かと親身になっているのだ。

その光景をみて、先日読んだある本を思い出した。この本である。

最貧困女子 (幻冬舎新書)
鈴木 大介
幻冬舎
売り上げランキング: 4,172

このデッドボールで働くアボットという女性。外見はとてもインパクトがあるのだが、どうも人が世話を焼きたくなるというか、人としてある種の魅力?のようなものがあるのだ。

デッドボールの店長も、「勤務している他の女性ならここまでしませんよ」というようなことを言っていたし、アルバイトしていた清掃会社の人もアボットと連絡が取れなくなった時に部屋のドアポストに「悩みがあるなら聞きます」という手紙(実際は名刺の裏だが)を入れている。

最後のセーフティネットとして風俗が機能していることは事実であるが、その本人の魅力、人柄などももう一つのセーフティネットとして大きく関係するのではないか、と感じた動画であった。

 

<FNSドキュメンタリー大賞>だから、アイドル。~TOKYO 不思議の街の住人たち~

深夜の地下アイドルのドキュメンタリー番組

7月12日の深夜、正確には13日になって間もなくの深夜1時半、私はテレビを見ていた。

気になっていたテレビ番組があったからだ。

その番組は

 

<FNSドキュメンタリー大賞>だから、アイドル。~TOKYO 不思議の街の住人たち~

 

番組詳細を見てみると、どうやら地下アイドルについての取材を基にしたドキュメンタリー番組のようだった。しかも、大賞を獲っている。期待は高まっていた。

以下に簡単なあらすじを紹介しておこう。

あらすじ

▼地下アイドル・エリザベスは2人組のユニットとして活動を続けている。歌は下手、ダンスもヘンテコ、アイドルというには若くない…それでも、地下アイドルの世界は彼女を受け入れてくれた。2015年10月、たまたま受けた情報番組の街頭インタビュー。「地下アイドル」という肩書きの2人の姿が放送された瞬間、ネットが“大炎上”。無名なはずの2人の顔写真がネット上に溢れていた…ネットの住人たちは、彼女たちが「アイドル」を名乗ることを許さなかった…
▼体は男性で心は女性だという38歳のきらら。大学卒業後、職を転々とし、抱えた借金は450万円。23区内では格安の家賃2万9000円の風呂なしアパートに住み、主食は、家畜の飼料に用いられる“くず米”。目を疑いたくなるような“極貧”生活を続けていた。ステージでは、歌と自作の詩を披露する「詩人アイドル」のきらら。なぜか、華やかに着飾るどころか、ボロボロに傷ついたケガ人の姿でステージに立つ。ライブで「大ケガをしたサンタクロース」を演じた2週間後、解体工事の現場で転落。この大ケガで肉体労働の現場で思うように働くことが出来ず、職を失うきらら…どん底だった生活は、さらに深い底をのぞかせるようになる。それでも「地下アイドル」だけは、辞めたくない。きららが「地下アイドル」にこだわる理由、それは「ありのままの自分」を生きてくることができなかった、きららの過去にあった…

www.fujitv.co.jp

私なりの感想

地下アイドルという存在は知っていたが、特にここまで壮絶なバックグラウンドを持った「きらら」がとても印象に残った。

借金450万を抱え、金銭的な問題で鳥の餌を食べているアイドルなど、どこにいようか。

この番組の主なメインだった「エリザベス」と「きらら」については既に多くの感想がネットに出回っており、彼女らを知りたければ検索すればいくらでも出てくる。

しかし、それよりも私が気になったのは、「アイドルになりたい」という気持ちだ。

お世辞にも彼女らは外見的、歌唱、ダンスについてはアイドルとして大成するタイプには見えない。

しかし、とても強烈な「アイドルになりたい」という気持ちがある。

これは一種の呪いであると感じる。

「きらら」はもとは有名企業に勤めていたようだが、その道を捨てずに会社員を続けて、一般的な幸せを掴んだとしても、

「アイドルになっていたら、私の人生はどうなっていたのだろうか・・・」

と何かある度に思うに違いない。それは死ぬまで続く。

その呪いを解くには実際にアイドルになるしかないのだ。

どんなにつらい思いをしても、将来が見えなくても。

「アイドルになりたい」というやりたいことがある。

特にやりたいことがない私はとても考えさせられてしまう。

先日、やりたいことがある = 「幸せ」 かどうかを問うている本を読んだ。

 

悩みどころと逃げどころ(小学館新書)
小学館 (2016-06-01)
売り上げランキング: 31