35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

65歳、竹下氏、ブログを始める。費用20万円。

早速仕事をお願いしたい

65歳竹下氏と知り合いになって数日たったころ、私の携帯電話に竹下氏から着信があった。電話に出てみると

「ちょっと仕事手伝ってほしいのですが」

とのことだった。今竹下氏は自宅にいて、これからシェアハウスに向かうので、そこで落ち合って詳細を話したいとのことだった。

数分後、シェアハウスに竹下氏が訪れる。

リビングのソファーにゆったりと腰かけた竹下氏は

「ちょっとお願いしたいことがあるんだけど」

と切り出した。

ブログを作ってみたいんだけど

その内容とは

「ブログを作りたいんだけど・・・頼めるかな?」

というようなものだった。私は

「ブログですか?竹下さん自分で作れますよ。簡単に」

と答えた。すると

「いやー私全然パソコンわからなくて・・・。この前うちの会社の従業員にブログ作ってと頼んだのだけれども、どうらや失敗したようなんだ。その人もパソコン詳しい人なんだけれどもブログ作るの失敗しちゃうんだから難しいんでしょ?」

どうやらうちの会社の従業員という言葉から、竹下氏は自分の会社も持っているようだ。いや、重要なのはそこではない。なんか少し話がおかしい。ブログを作るのに失敗するということはどういうことなのだ???

「ブログ作るのに失敗というのが良く分からないのですが・・・?」

と当然の疑問を私が口にすると、竹下氏は

「ブログって作るのお金がかかるでしょ?だから従業員に20万渡してブログ作ってって頼んだのだけれど。その彼はいろいろ頑張ってくれたみたいだけど、20万じゃダメだって、失敗したって言ってたのよ。し太郎さんに頼むなら30万くらいあればできるかな?」

と、さも当たり前のように言う。

 それ、金だまし取られてない?ブログは無料でできますよ

どこから訂正すれば良いのか。そもそもそのブログ作成を頼まれた従業員、20万円騙し取ってない?いや、このこと言っちゃって言いものなのか。知らないほうが竹下氏は幸せなのかもしれない。とりあえず

「ブログって無料でできますよ。しかも10分くらいで。僕も昔いくつかブログ持ってましたから」

と言うと

えっ・・・無料でできるの?あちゃー、20万円損しちゃったな。あいつめー」

と頭をかいて照れくさそうにしている。

「基本、無料です。竹下さんが良ければこれから一緒にブログ作りませんか?」

と竹下氏に聞いてみると

「うん、今やろう!」

と元気な声が返ってきた。

竹下氏のブログの今

この話は2年以上前の話なのだが、竹下氏は今でも週に1度はブログを更新している。飼っているペット等、身の回りのことなどの日記を主に書いているようだ。

今思えば、

「僕なら10万円でブログ作れますよ」

と言っていたら10万円渡されたのだろうか。まあ、そんな人を騙すようなことをするつもりもないし、度胸もないし。これで良かったのだ。

 

竹下氏と知り合いになった経緯はこちら

 

nantokashitai.hateblo.jp