読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

どんなバイトを選んでいるか、接客業を選ばない理由

仕事

 接客業を選ばなかった理由

このブログの内容を見て、本当にその通りだと痛感しています。

minimote.hateblo.jp

今アルバイトしているところは某事務所なので、この筆者のしている、倉庫・工場系の裏方ではないのですが、言いたいことはよくわかります。納得の内容です。

・シフトを簡単にいじれる

・ミスをしても取り返しがつく

・たくさんの能力を要求されない

など。

本当に言いたいことを言ってくれたという感じです。

シフト変更簡単。遅刻欠勤さぼど影響なし。

私が今やっているアルバイトの仕事内容は簡単に言うと事務系の単純作業です。

書類を種類別に分けて、ホチキスで止める。そんなことを9時から17時までやっています。

そこの事務所でアルバイトしている人は100人以上いるのではないでしょうか。そのために毎日誰かしら何らかの理由で休んだりしています。しかし、人数が多いためにその埋め合わせは簡単です。

誰かが休んだ場合、その人の仕事を代わりにやったりすることも、ごくまれにありますが、単純作業が主なので負担になりません。

それが分かっているために、多くの人が調子が悪い、体調が悪いと言ってよく休んでいます。実際私も仮病で体調が悪いと言って休んだことは2度3度あります。

ミスしてもカバーしてくれる人がいる

仕事をする上でミスはつきものなのですが、そこは私がやっている仕事の後工程でベテランアルバイトの人がチェックしているので安心です。

もしミスしていたら、黙って直してもらったり、一言「ここが違うよ、気を付けて」と言われたりしますが、私の後工程でチェックしてくれている人がいるということが分かっていると、そこまで自分の仕事に緊張したり、気を張らずに作業ができるので良いです。

上記のブログでもありましたが、人が多すぎて仕事がいろんな人を経由しているので、誰がミスしたのかわからないということもあります。

あんまり高い能力必要ない

仕事内容は事務系の単純作業です。

アルバイトの人は老若男女います。私が言える立場ではないのですが、「この人大丈夫か?」というような人もいます。そういう人でも、適材適所で仕事を用意するので何とかなります。もし自分のやっている作業があんまり合わない場合、上の人の担当者に言って作業内容を変えてもらうこともできます。人数がたくさんいるということは仕事の種類も豊富ということなので、なんらかの自分のできる作業に配属されます。

接客業は難しい

商品知識を求められたり、自社商品を買わざるをえなかったり、クレームに対応しなくてはならなかったり。それでいて時給もそれほど高くなかったりする。

接客業が得意な人を私は尊敬します。接客業は私もやったことがありますが、全然できず、すぐ辞めた記憶があります。

というわけで、これからも接客業は選びません。