読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

非常に楽な図書館整理のバイト、再び

30歳過ぎからやったアルバイト

図書館整理のバイトとの再会

相変わらずお金がない。

ということで、バイトを探した。
いつも私はindeedというサイトでバイトを探している。

jp.indeed.com

いつもは住んでいる市から「15km以内」という範囲で検索をしているのだが、その範囲ではポンコツな自分にできそうなバイトはなく、ほとんどない通帳の預金残高を見て、これからの生活はどうなってしまうのだろうか・・・と涙が込み上げ、不安な気持ちになった。
仕方ないので検索範囲をもう一段階広くして「25km以内」にして検索をし直すと、案件がたくさん出てきた。
一つ一つ案件を見ていくのは非常に面倒だったが、たくさん表示された案件の中から自分にできそうなバイトを見つけた。それは
「図書館整理」
のバイトである。具体的には、新しくできる図書館に入っている本の裏表紙に磁気テープを貼る、というだけの仕事である。
この仕事、昔、やったことあるぞ!
とんでもなく楽だったやつだ!
しかも今回は勤務期間が3週間。嫌な現場でも何とか我慢ができる長さだろう。
早速、WEBから応募をし、面接をして、無事採用が決定。
 

いざバイトが始まるが・・・

バイト初日、言われた通りに図書館のある最寄りの駅にて今回のバイトに採用されたメンバーが集合した。
計10人、のはずだったが1人がいつまでたっても来ない・・・。
仕方ないので9人での仕事スタートとなった。ひたすら担当者がその人に電話をかけていたが、全然違う人に電話がつながったらしい。最初から来ない予定だったのか?何のために?
全くもって謎である。
 
そして2日目、8人で仕事をすることになった。
また一人メンバーが減ったのだ。理由は、仕事が自分には辛すぎたからだそうだ。
 

この仕事の向き不向き 

確かにこの仕事は向き不向きがはっきりすると思う。
2人一組でひたすら本の裏表紙に磁気シールを貼るだけなのだから。
「こんな楽な仕事ないよー」
という人と
「こんな単調な作業はもう耐えられない」
という人にはっきり分かれる。
私はどちらかと言うと後者の方だったのだが、なるべく楽な姿勢で、ペアの人とおしゃべりをしながら、ダラダラと作業をしていた。ちなみに私のペアは昼食後は半分眠りながら作業をしていた。
 
残業なし、私服OK、髪型自由、交通費支給、非常におすすめなバイトだと思う。
私は単調な作業に強い!という自身のある方なら天国と言っていいほどのホワイトな仕事である。
 
ちなみに前回の図書館整理のバイトの記事はこちら