読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

鳥貴族貯金で鳥貴族行ってきた!

日々の生活

やっと貯まった鳥貴族貯金

 先日のブログで鳥貴族貯金(通称鳥貯金)をしていることを書いた。

御存じない方に説明すると、鳥貴族貯金とは一日100円貯金箱に入れてそれを鳥貴族の食事代の原資とするものである。

5月の始めあたりから鳥貯金を開始して、約2カ月がたった。

約6000円貯まった。彼女との2人分の食事代にはこれで十分だろう。

よし、これで鳥貴族に行ける。

鳥貴族に入店する

事前に鳥貴族については調査済みである。

週末はその人気ゆえにとても混雑する。

ということで、平日を狙った。

6時に営業を開始することもチェック済み。

6時ジャストに入店するつもりが、家を出るのが少し遅れたために、6時15分ごろに入店する。

・・・すでに客が3組いる。平日のこの時間帯に?暇人なのか?(人のこと言えない)

我々はテーブル席に案内され、戦闘準備を整えた。

さあ、何を喰らう?

テーブルに着き、メニュー表を見る。しかし、迷うことはない。

我々は鳥貴族に行くと決めた時に、メニューを研究し尽くし、どの料理を頼むかを既に紙に書いてリスト化して持参しているのだ!

しかも、必ず食べたいという重要度を星で表し、必食の星3つをつけた品から注文していく。

我々に隙は無い!

そして私が頼む飲み物はコスパに優れた金麦(大)である。

そうして我々の宴が始まった。

さすが人気の鳥貴族

我々が入店してしばらくすると店内が満員になった。時間を見てみると、まだ7時前である。しかも平日。

なんとなく週末にここに来ることにしていたら、もしかしたらしばらく外で待つことになっていたのかもしれないと思うと、平日に来て良かったと心から思う。

リスト化した料理はすべて注文する前に満腹になり、2時間半の滞在で会計をすることに。

会計をお願いすると、5100円くらいであった。

二人で約5000円、一人当たり2500円と少し。酒や食べ物は遠慮せずに頼んだ。

これでこの金額なら大変満足である。

 

一番最初に頼んだ貴族焼き

f:id:nantokashitai:20160711162620j:plain

ちなみにおかわり自由のキャベツは4回もおかわりしてしまった。

キャベツでかなりお腹を満たしてしまったのかもしれない。

マヨネーズも追加した。

また近いうちに来店するだろう。

 

前回の鳥貴族貯金に関する記事

 

 

nantokashitai.hateblo.jp