読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

毎日6時間暇な仕事に就いたけど、結構つらい

仕事 会社

今の仕事

今私はアルバイトで施設管理の仕事をしている。

勤務形態はシフト制で3交代勤務である。時給はかなり良い。今までやってきた仕事の中でも最高の時給。そのおかげで暮らしも下の中くらいの貧乏暮らしから中の下くらいに生活ランクが上がった。おかずが増えた。

人間関係にも恵まれており、仕事それ自体もそれほどきつくない(むしろ楽)。

今までの仕事では、休日の夜は

「あー、明日また仕事なのか・・・」

と憂鬱な気分になっていたが、今の仕事では

「よーし、明日もぼちぼちやるかな」

というなんとなく前向きな気持ちで仕事に行くことができている。

天職とまではいかないが、それにかなり近い職に当たったと思うが、残念なことにこの仕事は短期の仕事で、それほど長く続けることはできない。契約延長もないとのことだ。

唯一つらいこと、それは暇

今やっている仕事は基本的に8時間勤務であるが実際体を動かして仕事をしているのは2時間程で、残りの6時間は事務所での「待機時間」に充てられている。

この暇が結構つらい。

周りの友人にこのことを相談すると、100%の割合で

「俺とその仕事かわれ」

「うらやましすぎる」

との反応が返ってくる。

確かに、環境は恵まれすぎているのは承知の上で言っている。激甘な環境にいるために、少しのことで私が過剰反応していることも分かっている。

暇がつらいと言っても、「だから、仕事辞めたいです」というくらいつらいわけではない。そこが厄介である。

具体的に何がつらいのかというと、

・6時間、事務所の部屋で独りぼっち

・テレビがない。

スマホの電波がすこぶるわるい。

・事務所にパソコンがない。無論、持ち込んではいけない。

・たまに他の部署の上長が訪れるために、寝ていたり、あまりだらしない姿勢が取れない。スマホでネットを見ているのもあまりいい顔をされない。

・定時まで外出不可。(トイレには行ける)

・窓がない(正確に言うと、窓に板?のようなものが外から貼られている)

ざっとこんな感じである。

私はどう過ごしているのか

主に漫画や本を読んで過ごしている。

勤務した初めの頃はツタヤで興味ある漫画をたくさん借りて読んでいた。興味ある漫画はたくさんあるが、いちいち買っていたら破産してしまう。レンタルで読むのが絶対条件である。しかし、もともと漫画好きである程度読んでいた上に、一日6時間も毎日漫画を読んでいた結果、興味ある漫画は読み尽くしてしまった。1か月も持たなかった。

ということで、今度は本(小説、新書等)を読むようになった。

これも読みたい本をいちいち買っていたら破産してしまうので、図書館で借りるのが絶対条件である。しかしこれも漫画と同じくもともと本好きで読んでいた上に、興味ある本は大体読んでしまい(あとは予約待ち)、あまり興味のわかない本までなんとなく借りるようになった。

あまり興味のない本を借りた結果、途中で内容がつまらなくなり読まなくなる→暇を持て余す→しょうがないのでまた同じ本を読む→やはり内容がつまらなくなり読まなくなる→以下ループ、という感じになってしまっているのが現在の状況である。

夜勤で深夜2時くらいに事務所の窓のない部屋で暇を持て余していると

「俺、いったい何やってるんだろう、どうなっちゃうんだろう、怖い」

という鬱になってしまいそうな思考になる。

次の時間つぶしを早急に見つけないと頭がおかしくなりそうである。

6時間何をすればいいのか

自分なりに考えてみた結果、

・絵を描く→全く興味がわかない。学生時代美術の成績は「2」だった。

・ブログのネタを考える→今のところ一番現実的。

・座禅→座禅しているところを上長にみられると問題になりそう。6時間も潰せない。

・資格勉強→35歳から資格取ったらどうにかなるという時代ではないと思う。何の資格を取ったらいいのかもわからない。

ということで、しばらくはブログのネタを考えるようにしようと考えている。

しかし、6時間もブログのネタを考えるだけで潰せるものなのだろうか・・・。

せめて、パソコンが使えるならば状況は劇的に変わるのだが・・・。

 

いつしかネットで見た

「管理された暇はつらい」

という言葉を思い出す。その言葉を見た当時は

「そんなことあるわけない」

と思っていたが、今ではその言葉の恐ろしさを噛みしめるばかりである。

何か良い暇つぶしないですかね?たすけてください。