読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳無職6年、24歳彼女と同棲してます

ブログ名にある通りですが、楽しいことつらいことあります。たくましく生きていきます。千葉県松戸市在住。

その人の背後にある「溜め」を見よう

最近、湯浅誠さんの本を読みました。

反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)
どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)
湯浅 誠
イースト・プレス
売り上げランキング: 233,613

よく勘違いされますが、 貧乏と貧困は違い、貧困とは「溜め」がない状態のことを言います。

貧乏というのは金銭的な「溜め」はなくてもその他の人間関係や精神的な「溜め」があることを指します。

貧困というのは前述の3つの全ての「溜め」が失われた状態を指します。

ということで「貧乏でも幸せ」という言葉は成り立ちますが「貧困でも幸せ」という言葉は文法的におかしいのです。

 

まとめるとこのような感じでした。非常に納得です。そして

人を見るときはその人の背後にある「溜め」を見なければなりません。そうしなければ、その人の持っている困難が非常に掴みづらくなります。

この言葉は非常に重要なことを言っていると思います。

これからの人間関係を作っていく指針となる言葉になりそうです。

私はこの2冊の本を買っては売って、また買っては売って、今度は図書館で借りて・・・ともう3度くらい読んでいますが、毎回重要なことを教えられているようです。

いつか貧困問題のNPOやボランティアに携われないものかと思ったりしますが、勇気がなかったり行動力がなかったりと今のところ参加できていません。まずはモノやお金の寄付から始めたいと思います。